家庭用脱毛器の種類って?

家庭用脱毛器の種類

ひとことで家庭用脱毛器といっても、いくつかの種類があります。

代表的なのは、レーザー方式・フラッシュ方式・サーミコン方式、超音波・高周波方式脱毛器、バルジ方式脱毛器の5種類です。
種類によっては脱毛と名ばかりのあやしい種類の脱毛器もありますので、
どのような種類があるのか是非チェックしてほしいと思います。

また、それぞれの特徴を把握して、自分の脱毛の目的にあった種類の脱毛器を選んで下さい。

フラッシュ方式(家庭用脱毛器では最もおすすめ)

フラッシュ脱毛の仕組み図

現在、エステサロンなどの脱毛でよく使われているのがフラッシュ方式です。

黒い色素に反応する光をお肌に当て、
毛乳頭にダメージを与えるというのはレーザー脱毛と同じなのですが、
フラッシュ方式ではインテンスパルスライト(IPL)というレーザーとは違う光が使われています。

フラッシュ方式も、施術の回数を重ねることでムダ毛を細く、生えにくくしていきますが、
効果を実感できるまでの回数はレーザー方式の方が早いといえます。

しかし、IPLは距離が離れるほど拡散するという性質を持っているので、お肌の表面温度を
上げることなく毛根部分にだけダメージを集中させられます。

なので、レーザー方式に比べると痛みの感じ方は弱く、
確実に綺麗に脱毛する事が出来ます。
また、照射範囲の面積が広いのも特徴で、少ないショット数でも広い面積の脱毛が可能となり、
全身脱毛に向いています。
因みにこのサイトで最もオススメしているケノンは、このフラッシュ方式です。

代表的なフラッシュ脱毛器
フラッシュ脱毛器のメリット

フラッシュ脱毛器は照射面積が広く効率的に全身脱毛が出来て、痛みの少ないのがメリットです。

脱毛効果も高く、高性能の脱毛器を使えばサロンと効果は変わりなく、
永久脱毛とは言えませんが、産毛程度しか生えなくなるくらい綺麗に脱毛出来ます。
家庭用やサロンの主流はこのフラッシュ脱毛です。

フラッシュ脱毛器のデメリット

フラッシュ脱毛器は家庭用脱毛器の主流なため数多くの製品が発売されています。
そのため、低価格で性能が良くない脱毛器も多く、
そうした脱毛器を使っても脱毛効果が弱く、
一時的に脱毛効果があっても使う事を止めれば
元の状態に戻ってしまいます。

家庭用脱毛器でしっかりと脱毛するためには高性能の少し価格が高い脱毛器を
購入しなければいけいのがデメリットです。

レーザー方式

レーザー脱毛の仕組み図

レーザー脱毛は基本的に医療脱毛でしか取り扱えませんが、 クリニック以外で唯一使えるのがトリアという家庭用脱毛器です。
もちろん、安全性のために、医療機器よりも出力を下げたものが
販売されています。

レーザー脱毛とは、黒い色素の毛に反応して熱を加えます。
そして毛に与えた熱が毛と繋がっている司令塔である毛乳頭に熱を与え、
毛細細胞を破格する仕組みです。

施術の回数を重ねることで、徐々にムダ毛を細く、生えてくるまでの期間も長くしていきます。

3種類の中では、1番脱毛効果が高いのですが、
1番痛みが強いのもこのレーザー方式になります。
また、家庭用脱毛器のレーザー脱毛は照射範囲が狭い傾向にあるので、
面積が広い体の部位の脱毛には時間がかかります。

つまり、広い範囲の脱毛は面倒ですが、一点に脱毛パワーが集中しますから、
部分的な脱毛に向いているということです。

代表的なレーザー脱毛器
レーザー脱毛器のメリット

レーザー脱毛器のメリットは脱毛効果が高く、特に剛毛に高い効果を発揮します。
毛量が多い男性におすすめの脱毛方式です。

レーザー脱毛器のデメリット

家庭用レーザー脱毛器は痛みが強く、照射面積が狭いのがデメリットです。
そのため、痛みを感じやすい性毛の照射は我慢が必要で、
照射面積が狭いことで全身脱毛には不向きです。

また、剛毛には効果が高いのですが、産毛の効果は弱く、
毛が薄い人にも不向きです。

サーミコン方式

サーミコン方式とは、熱線(サーミコン)によって生み出される
熱エネルギーを使った脱毛方法 になります。

その熱エネルギーがムダ毛に伝わって、
ムダ毛の接触部分がカットされることで処理されていきます。

しかし、サーミコン方式の場合、脱毛器というよりは除毛器と考えた方がいいでしょう。

脱毛という面での性能は劣りますが、カミソリの感覚で利用するには充分といえます。

サーミコン方式のメリットは、シンプルな仕組みの機器になっているので比較的安価なこと、
大きさがコンパクトなこと、操作が簡単なことでしょう。
なので脱毛ではなく、ムダ毛をその都度処理する除毛と言えます。

代表的なサーミコン脱毛器
サーミコン式のメリット

通常の電気シェーバーよりも若干除毛効果は高いのですが、
それほどメリットと言える点はありません。

サーミコン式のデメリット

サーミコン式はあくまでも除毛器で脱毛効果はない事がデメリットです。
また、若干お肌への刺激があり、
価格を考えれば電気シェーバーを購入した方が良い気がします。

超音波・高周波脱毛器

レーザー脱毛超音波・高周波脱毛の仕組み図
【引用】エムジョイ

超音波と高周波脱毛は同じ仕組みで、お肌の表面に出ている毛を挟み、
電流を流すことで熱を与え、毛を抜きやすくする脱毛方法です。
つまり、毛抜き器といってイメージです。

超音波・高周波脱毛もサーミコン式脱毛と同じで、正確には脱毛ではありません。
カミソリや毛抜きと同じで表面に出ている毛を処理するだけの除毛です。

また、超音波・高周波脱毛は腕や脚、ワキなど広範囲において脱毛するのには手間や時間がかかりすぎるため 眉毛や数本目立つムダ毛が生えている場合に使います。

脱毛にせよ、通常のムダ毛処理にせよ、超音波・高周波脱毛をメインで使う事はないと思います。

因みに普通の毛抜きよりは、お肌への負担は少なく痛みもあまりありません。

超音波・高周波脱毛器のメリット

超音波・高周波のメリットはお肌に負担がなく痛みがないことです。
ただ、脱毛と言う事を考えればそれ以外のメリットはありません。

超音波・高周波脱毛器のデメリット

超音波・高周波は除毛しかできなく脱毛効果はありません。
また、広い範囲の除毛も手間がかかり、
除毛するなら電気シェーバーの方がおすすめです。

バルジ式脱毛器

バルジ式脱毛器の仕組み図

脱毛に詳しい方ならハイパースキン脱毛と聞いた事があると思いますが、
それと似たような仕組みです。
従来の脱毛は、黒い色素の毛にフラッシュやレーザーの光が反応し、その毛を通じで、
毛の司令塔である毛乳頭を熱の力で破格します。

対してこのバルジ方式は、毛が抜けた後、
もしくは抜ける直後に毛を生やそうとするバルジという信号が送られ、
そこから毛の種のような発毛因子が生まれます。
その発毛因子が栄養を蓄えながら下のほうに落ちていき、
毛乳頭に到達すると毛の周期が始まります。
脱毛期間

バルジ方式とは、そのバルジから生まれる発毛因子を特殊な光で破格するということです。

そして、ある研究結果では、毛乳頭を破壊しても、このバジル領域が残ってしまうと、
また毛が生える可能性があるとしました。

最近では、このバルジを破格するための医療レーザー脱毛器も出てきています。

脱毛のメリットとしては、従来の脱毛のように強い熱を加えるわけではないので、
お肌に優しく、子供の脱毛にも良いとされています。
また、脱毛する間隔も短くて良いようです。

もちろん、通常と同じような脱毛力もあります。

しかし、残念ながらこのバルジ方式の脱毛は効果は弱いと感じます。
(もちろん、バルジ脱毛を行なっている、エステサロンや脱毛器メーカは否定しますが)

お肌に優しいと言っていますが、それは効果が弱いのでお肌に刺激がないということ。
実際に脱毛魔女の知り合いの方が、エステサロンでハイパースキン脱毛を行なっていて、
10回くらい照射してもまったく効果が感じられず、
11回目で少しだけ減毛できたと感じるくらいだったそうです。
また、効果が感じるまで、時間がかかりすぎて
途中で止める方も少なくないという話を良く聞きます。

医療レーザー脱毛なら効果が高いかも知れませんが、
家庭用脱毛器や脱毛エステサロンの機器では高い効果は望めません。

やはり、家庭用脱毛器や脱毛エステサロンでは、
当サイトで紹介しているケノンやトリアのようなフラッシュやレーザーが最も効果的です。
ハイパースキン脱毛の半分以下の回数で脱毛を終わらせる事ができます。

まぁ、皆さんが特別気にしなくてはいけないような脱毛ではありませんので、
詳しく覚える必要はありません。

バルジ式のメリット

バルジ式はお肌への負担が少ないのが最大のメリットです。
家庭用はお肌への刺激は少ないのですが、それでも効果の高い脱毛器なら
多少はお肌への負担はあります。

バルジ式ならほぼお肌への負担や痛みがないため、
VIOラインなどの敏感な部位の脱毛に最適です。

バルジ式のデメリット

バルジ式はフラッシュ脱毛器に比べ脱毛効果が弱い事です。
そのため脱毛を終わらせるためにはかなりの回数が必要です。

また、バルジ式脱毛器はあまり家庭用では販売されていなく、
唯一購入できるニードという脱毛器は20万円もしてしまいます。
この金額を出してバルジ式脱毛をする意味はありません。

家庭用脱毛器の種類別比較

家庭用脱毛器の種類別の比較は一概には出来ません。 何故なら、その脱毛器によって性能や効果、価格などが全然違うからです。 あくまでも目安程度で参考にして下さい。

脱毛効果 痛み 照射面積
フラッシュ脱毛器
レーザー脱毛器 × ×
サーミコ式脱毛器 × × ×
超音波・高周波脱毛器 × × ×
バルジ脱毛器

上記の表をみて注意してほしいのは、フラッシュ脱毛器です。
フラッシュ脱毛器はピンキリで、今回評価したのは良いフラッシュ脱毛器で、
全ての評価が×な家庭用脱毛器もあります。

逆に他の家庭用脱毛器は数が少なく、大体はこの評価で良いと思います。
フラッシュ脱毛器を選ぶ際には注意したほうが良いでしょう。

どの種類の家庭用脱毛器がおすすめか?

しっかりと脱毛するという意味で家庭用脱毛器の主流はフラッシュ脱毛器で、
他の脱毛器を使っている人は少ないと思います。

というのもレーザー脱毛器で有名なのはトリアしかありませんし、
バルジ脱毛器はニードというものはありますが、価格は20万円します。

また、その他の脱毛器はそもそも脱毛器ではなく、除毛器なので、
根本的に脱毛すらできません。

おすすめの脱毛器

次のページレーザー脱毛器のメリット・デメリット

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい