家庭用脱毛器のサイトTOP脱毛の基礎知識>自宅でニードル脱毛は出来るのか?

自宅でニードル脱毛は出来るのか?

「家庭用脱毛器」と「脱毛エステ」どちらが良いのかたまに自宅でニードル脱毛できるのかという質問をされますが、 本当のニードル脱毛はクリニックなどの医療機関で行うもので、 当然自宅で脱毛出来るものはありません。

正確にはクリニックで行うのは絶縁針脱毛といい、
ニードル脱毛とはエステサロンで行う電気針脱毛のことです。
しかし、ここではわかりやすく、絶縁針脱毛の事をニードル脱毛と言います。

そもそもニードル脱毛をする必要はあるでしょうか?
ニードル脱毛は、絶縁針という針を毛穴一つ一つにに刺して電気を流す方法で、
時間と莫大なお金がかかります。

そのクリニックによって異なるので一概に言えませんが、
全身脱毛なら、2百万円はかかるはずです。
また、麻酔は使えても痛みもかなりあります。

唯一メリットを上げるとすれば、
一生毛が生えてこないような永久脱毛できる可能性があると言う事です。
医療レーザー脱毛でも、ホルモンバランスの変化で、
脱毛した後でも毛が生える可能性はあります。

また、通常のレーザー脱毛だと、肌黒の方や白髪は脱毛出来ませんが、
ニードル脱毛なら肌質や毛質は関係ありません。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で十分

あなたもご存知だ思いますが、現在は医療脱毛ならレーザー脱毛、
エステサロンや家庭用脱毛器ならフラッシュ脱毛を用いるので、
わざわざニードル脱毛をする必要はありません。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いは、
家庭用脱毛器の種類って?をご覧ください。

ニードル脱毛というのは、まだレーザー脱毛がなかった頃に行なっていた脱毛方式で、
レーザー脱毛が普及されてからは、衰退の一途をたどっております。

また、ニードル脱毛は、専門的な技術が必要で、
脱毛を専門的に行なっているクリニックでさえ、出来ないところは沢山あります。

もちろん、レーザーやフラッシュ脱毛に比べ、
より確実に永久脱毛(まったく毛が生えてこないという定義)できるわけですから、
それなりの意味はあります。

しかし、レーザーやフラッシュ脱毛でも十分に綺麗に脱毛できますし、
ニードル脱毛に比べ痛みも少なく、短期間で脱毛できます。

また、レーザー脱毛の性能も年々高まり、
ニードル脱毛と変わらないくらいに綺麗に脱毛できるようになりました。

もっと言えば、人それぞれ意見がわかれると思いますが、
脱毛魔女は、家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛で十分だと思います。
(特に脱毛エステに比べ)
短期間で綺麗に脱毛できますし、コストも脱毛エステやクリニックに比べ格安です。

ただ、家庭用脱毛器は機能や性能に差がありますので、
安価な家庭用脱毛器ではなく、高性能の脱毛器を選ぶ必要があります。

今家庭用で最も性能が高く綺麗に脱毛できるのがケノン
その辺の脱毛エステより、短期間で綺麗に脱毛できます。

ですから、現在はよっぽどの理由がない限り、
ニードル脱毛を選ぶ理由はないと思います。

※エステで行なっているニードル脱毛は、ブレンド法と呼ばれ、
一応毛穴に針はさしますが、弱い電流しか流せず、しかも麻酔が使えないので、
効果が弱く、痛みも伴うのでかなりのリスクがあります。
現在その危険さから行なっているところは少ないですが、
医療脱毛のニードル脱毛とは全然違うことを覚えておいて下さい。


※冒頭でニードル脱毛は医療機関でしか行えないと言いましたが、
正直これは法律上グレーな部分で、
毛穴に流す電力が弱ければという理由で行っているようです。
ただ何かの法的な規制やメスが入れば確実にできるなる脱毛法とも言えます。

全身綺麗に脱毛できるおすすめ家庭用脱毛器の実力ランキング


ケノン

わざわざクリニックでニードル脱毛しなくてもケノンなら、 全身綺麗に脱毛出来ます。確かにニードル脱毛のようにまったく毛が生えないということはありませんが、 高いお金と時間を考えれば、ケノンで十分です。実際に脱毛魔女もケノンで全身脱毛して、 半年以上まったく毛が生えていませんし、剃刀も使っていません。 少なくてもエステで脱毛するよりよっぽどましです。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 保証期間 お支払い
少ない 0.0185円 1年間 最大24回分割

トリア

医療レーザーとは言いませんが、かなりパワーのあるレーザー脱毛器です。 照射範囲が狭く、脱毛するのに若干手間がかかりますが、 脱毛力に関してケノンと並び業務用も含め市販されている脱毛器ではTOPクラス。 パワーがあるので若干痛みもありますが、それを差し引いてもかなりおすすめの脱毛器です。

価格 電気 種類
54,800円 充電式 レーザー 若干あり
用途 レベル 照射面積 連射機能
部分向き 5段階 1m なし
痛み 1ショットコスト 保証期間 お支払い
あり 0.137円 1年間 最大24回分割

センスエピ

上位2つが優れているので、それに比べれば見劣りしますが、 数多くなる脱毛器の中ではまともな部類に入ります。そこそこ脱毛できますし、本体価格も安いので、 購入しやすいのではないでしょうか。但し、本体価格が安くても、カートリッジの消耗が激しく、 長く使うのなら、トータルコストは高くなります。

価格 電気 種類
39,800円 コンセント式 フラッシュ 若干あり
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 5段階 6m なし
痛み 1ショットコスト 保証期間 お支払い
あり 7.5円 1年間 最大12回分割


次のページイチオシの家庭用脱毛器は?

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい