家庭用脱毛器で埋没毛はできるの?

照射範囲って? 埋没毛になってしまう原因の一つは、皮膚のターンオーバーにあります。

肌はおよそ28日周期で新陳代謝を行っていますが、なんらかの理由でそのサイクルが乱れると、
剥がれ落ちるはずの角質がそのまま肌にとどまってしまいます。

この余分な角質が毛穴を覆ってしまうと、毛穴が塞がり埋没毛を作ってしまうのです。
埋没毛のある毛穴では、炎症を起こしやすく赤みが出たりする毛包炎を起こしてしまうこともあります。

脱毛していなくても、皮膚のターンオーバーの乱れが原因で埋没毛ができることがあります。
ですから一概に脱毛を行っていることが原因とは限りません。

皮膚の表面に出ている毛は全体の数%で、休止期にある毛はまだ表面に出てきていません。
肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、古い角質が毛穴を塞ぐと、
成長してきた毛は塞がれた毛穴の中にとどまってしまいます。
しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れた状態だと、脱毛を行っている間は特に、
埋没毛ができやすくなってしまいます。

カミソリや毛抜きなどの自己処理をしていた時は、よく毛穴が炎症を起こしやすく、
埋没毛になりやすいという経験をしたことがある人が多いと思います。

これはカミソリなどの刺激によって、ターンオーバーが乱れる原因になるからです。
同じように、家庭用脱毛器でも、エステやクリニックで脱毛を行っていても、
肌のケアが十分でないと埋没毛は起こりやすくなります。

埋没毛にならないようにする為には、肌のケアが大事です。
まずは脱毛直後のケアです。

フラッシュやレーザーを照射した後は、熱が生じるので十分に冷やすことが大事です。
また、肌が敏感で炎症を起こしやすくなるので、入浴や汗によって雑菌が繁殖しないように注意が必要です。
(その辺は説明書にしっかりと書いてあるので安心)

そして脱毛した後、次の脱毛の日までに間隔をあけますがその間のスキンケアも大事です。
できるだけ角質ケアや、部位によっては保湿などのケアを十分に行い、
肌のターンオーバーのサイクルを整えましょう。
埋没毛は脱毛が原因なのではなく、ほとんどは肌のトラブルです。

次のページ子供でも使えるの?

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい