色黒の方の脱毛って痛いの?

お肌の色が黒いと脱毛器で照射した時に痛いと言われることはありますが、
はっきり言って痛いと思います。

家庭用脱毛器、医療脱毛、脱毛サロンに限らず、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、
黒いメラニン色素に反応し、そこから熱を伝え毛細細胞を破壊します。

脱毛の仕組みは、脱毛期間や仕組みでお話しております。

そのため、お肌の色が黒いと「毛と肌のコントラスト」がはっきりとしないので、
脱毛の光が毛とお肌を識別できなくなり、毛細細胞ではなくお肌に直接熱を与え痛みを感じてしまうのです。

最悪は痛みどころか、火傷してしまい将来的にはシミになる恐れがあります。

日焼け、シミ、ほくろ、タトゥなどに照射できないと聞いたこともあると思いますが、
そうした理由がお肌が黒くなっている部分には脱毛できないという事です。

どのくらいお肌黒いと照射できなかったり、痛かったりするの?

家庭用脱毛器や脱毛サロンのフラッシュ脱毛器では、
ガンガン日焼けしていない限り、気にせず照射して問題ありません。

フラッシュ脱毛器自体、医療脱毛のレーザー脱毛に比べ、
照射パワーが弱いので、よっぽどのことでない限り、
火傷することはないと思います。

脱毛できないお肌の色

例えば、この画像は、ブラウンシルクエキスパートという脱毛器の説明書ですが、
このくらいお肌を黒いと照射できないとなっております。

多分ここまでお肌が黒い方はそうはいませんし、
いたとしたらそれは意識的に日焼けしている方です。

その脱毛器によって多少基準は違いますが、
家庭用脱毛器でもエステサロンでも大した差はありません。

痛みがあるとすれば、それはお肌が黒いというより
毛が濃くて量が多い方です。

脱毛器の光は、より黒い色に反応するので、
男性のように剛毛だとその分痛みは強くなります。

しかし、それは脱毛する上で仕方ないことで、
お肌に特別悪い影響を与えているわけではありません。

ですから、極端な日焼けやほくろなど明らかに黒すぎない限り問題なく脱毛出来ます。

肌が黒くて上手く脱毛出来ない方へ

中には、生まれつきお肌が自黒で、少し照射しただけで痛みを感じる方がいます。

フラッシュ脱毛器では、よっぽどでない限り、痛くて照射できない事はないと思いますが、
中にはホクロくらいお肌の色が濃くて脱毛出来ないという方もいるかも知れません。

医療脱毛だとソプラノという特殊な脱毛器があり、
それだと色黒でもホクロでも問題なく照射できるのですが、
家庭用脱毛器に比べかなり高いので、あまりお勧めできません。

そうした方は、タトゥーを入れても脱毛は出来るの?でも
お話したように、除毛クリームや脱毛ワックスを使えば良いと思います。

もちろん、根本的な脱毛ではないので、すぐに毛が生えてきますが、
カミソリや電気シェーバよりは綺麗にムダ毛を処理できるため、
毛の生えた方が若干遅くなると感じると思います。

しかし、何度も言うようですが、家庭用脱毛器なら
普通に色黒でも脱毛するのに問題ありません。

次のページエステとクリニックと脱毛器どれが良い?

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい