家庭用脱毛器のサイトTOP家庭用脱毛器の基礎知識>業務用脱毛器と家庭用脱毛器の違い

業務用脱毛器と家庭用脱毛器の違い

業務用脱毛器についてここで言う業務用脱毛器はクリニックで使われる医療用脱毛器ではなく、脱毛エステに使われているものです。

多くの方は、業務用脱毛器について、
●綺麗に脱毛できる
●性能が良い

などというイメージを持っていると思います。

しかし、業務用脱毛器も家庭用脱毛器もかわりません。
何故なら、脱毛には「レーザー光線又はその他強力なエネルギーを有する光線を毛根部に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」を医師免許が持っていない者が行なうのは、医師法に違反するとされています。

つまり、脱毛エステで使われているような業務用脱毛器は出力が抑えられ、
家庭用脱毛器よりも優れているということはないのです。
これが多くの方が誤解している真実です。
物によれば、高性能の家庭用脱毛器の方が脱毛効果が優れているものもありますし、
家庭用脱毛器は自分で出力を自由に調整できますので、
エステよりも、高い脱毛効果を得られる事の方が多いような気がします。

エステの場合、特に大手は脱毛器の出力を抑え、慎重に脱毛するように教育されています。
もし仮に施術中お肌になにか異常が出れば、
営業停止になる可能性もありますし、大手となるとその被害は甚大ではありません。

対して家庭用脱毛器の場合、施術の責任は自分自身にあり、
高出力で照射することも可能です。
実際に脱毛魔女は、はじめは中くらいのレベルで照射していましたが、
高レベルで脱毛すると効果が全然違いました。

そしてもう一つ重要なポイントが。

脱毛するのに特別なテクニックや資格は必要ありませんので、
誰が脱毛しても変わりません。

つまり、脱毛は脱毛器そのものの性能が全て、
エステのスタッフが脱毛してもあなたが脱毛しても
特別な違いはないのです。

ということは、わざわざ脱毛エステにいかなくても、
家庭用脱毛器を購入して脱毛した方が良いと言えます。

これが他のサイトで語られていない脱毛器の実態です。


ケノン

エステでも脱毛した経験を持つ脱毛魔女が思うに、ケノンの方が明らかに綺麗に脱毛できると感じます。 エステよりも少ない回数で毛の生えが遅くなり毛が抜けやすくなります。 現に全身脱毛を終えるのに1年もかかりませんでしたが、これがエステなら3年はかかります。 今では半年以上、シェーバーやカミソリを使わない事はザラで、 一生毛が生えないという事はありませんが、忘れた頃に薄い産毛がチョロット生えるくらいです。 しかも、処理しなくてもよいくらいの毛です。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 10段階 9.25m 0.0185円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
少ない 高い 1年間 最大24回分割

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい