エピナードの特徴や詳しい詳細

最近発売された最新の脱毛器「エピナード」の詳細をまとめました。

エピナード

発売されたばかりの脱毛器でそれほど知名度はありませんが、
最近では少しずつ人気が出てきました。
エピナードはフラッシュ式の脱毛器で、顔以外の全身脱毛できます。
脱毛力や脱毛スピードはそこそこあり、美顔器としても使えます。
専用ジェルが必要なのでトータル的なコストがかかりますが、
その分エステ効果も期待できるので、全身の総合的な美容器具として使えると思います。

価格 電気 種類
9,800円(定期コース最低額86,800円) コンセント式 フラッシュ 静か
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 10段階 7m 2.3円~4円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
なし 普通 1年間 定期最低12回以上

 

エピナードの体験レビュー

エピナード本体画像

エピナードは、エステナードソニックという美顔器を
発売している健康コーポレーションが出している脱毛器です。
最近ではライザップが有名ですが、
そのライザップも健康コーポレーションが運営しています。

程よいサイズとシンプルなデザインや機能の脱毛器という印象です。
脱毛器以外にも美顔器としても使えます。

エピナードハンドピース

持ちやすいハンドピースですが、若干大きいような気もします。
まぁ許せる範囲ではありますね。

エピナード液晶画面

エピナードのレベルは10段階ありますが、
1~6までが美顔器、7~10までが脱毛器となっております。
つまり、レベルは4段階しか調整できないようになっております。

やっぱり脱毛パワーという点では、ケノンには敵いません。
比較的脱毛しやすい太い毛なら問題ありませんが、
毛が細くなってくるとエピナードのパワーでは脱毛するのは
難しいと思います。

ケノンの詳細・体験レビュー

ですから、毛が細い女性は「どうなだろう」という印象です。
実際に何度が細い毛を照射しましたが、中々脱毛できませんでした。

エピナード冷却ボタン
エピナード部分

エピナードが他の脱毛器より優れている点が1点あり、
それは冷却機能が付いていることです。

脱毛する前は必ず患部を冷やして麻酔効果を与えますが、
通常は冷たいタオル、氷、法令剤などを利用して冷やします。

しかし、エピナードは予め機能として付いているので、
冷やすものを用意する必要はありません。
その機能に魅力があるのかは微妙ですが、他の脱毛器には
付いていませんので、その点では優れています。

エピナードカートリッジ

エピナードのカートリッジの照射面はタッチセンサーになっており、
お肌に付けないと照射できないようになっております。
そのため、間違って照射ボタンを押して、
変なところを照射してしまうことがありません。

ジェル

最後にお肌のケアとして専用ジェルを使います。
別に専用のジェルを使う必要はありませんが、
このジェルはお肌がしっかりと保湿され、
使用後はお肌がぷるぷるしますね。



照射範囲が2番目に広い

家庭用脱毛器で重要な照射範囲ですが、エピナードはケノンに次に広く
7mとなっております。
そのため、1回での脱毛範囲が広く、
太ももなどの面積が広い部分の脱毛が短時間で済ませる事ができます。

デリケートゾーンの脱毛が可能

通常の家庭用脱毛器ではVラインの脱毛ができても、I・Oラインの脱毛は出来ませんでした。
(ケノンは専用のカートリッジを使えば可能になった)
しかし、エピナードはデリケートゾーン全てを脱毛できるので、
高いお金と貴重な時間を使わなく、
自宅で脱毛することが出来るようになったのです。
但し、エピナードは顔の脱毛は推奨されておりません。

エステ効果が高い

お肌の潤いやお肌のケアといったエステ的な効果なら、
エピナードは脱毛器の中で最も高いと思います。
その理由は潤い成分がふんだんに配合されている専用ジェルを使うからです。
ですが、その分費用がかかるのは否めません。

エピナードのデメリット

単純に脱毛器としての性能はケノンに劣ってしまい、
トータルコストも他の脱毛器に比べ若干高くなると思います。
やっぱり脱毛目的に購入するなら、エピナードを購入してケノンを購入しない理由はないと思います。 おすすめは断然ケノンです。

「ケノンの詳細」に進む

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい