家庭用脱毛器のサイトTOP脱毛器のお悩み関係>アトピーで家庭用脱毛器を使って大丈夫?

アトピーで脱毛は大丈夫なの?

アトピー性皮膚炎の方は、お肌が敏感で外部からの刺激に弱い傾向がありますので、
脱毛しても大丈夫か気になるところだと思います。

基本的にアトピーで脱毛して問題ありません。
実際にアトピー皮膚炎の方でも、クリニックで普通に脱毛します。

一見脱毛は、お肌の表面を照射しているように感じるかも知れませんが、
実際に刺激があるのは毛細細胞で、お肌の表面ではありません。

また、家庭用脱毛器やエステのフラッシュ脱毛器は、
クリニックのレーザー脱毛に比べ出力が弱くお肌への刺激も少ないので
それほど気にする必要もないでしょう。

しかし、一口にアトピーがあると言っても、
軽症なものなのか、重傷なものなのかによっても異なります。
症状がひどく膿がでていたり、赤く腫れたような状態や
かゆみのひどい時は止めた方が良いかも知れません。
そのくらいの状態であれば、少し照射しただけでもお肌に強い刺激を感じることがあります。

逆にそこまでひどい状態ではなく、
肌が落ち着いていて、アトピーによって黒ずみや肌荒れが残ってしまっているときは、
フラッシュ脱毛器を使って脱毛することで、
肌が改善され、肌荒れの部分まできれいになることがあります。
脱毛器には肌をきれいにする、美肌効果もあるので、
返って肌がきれいになったという方も多いのです。

ですから、 フラッシュ脱毛器ならアトピーでもあまり怖がる必要はありませんが、
かといって重症なアトピー皮膚炎の部位に照射するのは注意が必要ということです。
もしアトピーの症状がひどく、それでも脱毛したい場合は、
かかりつけの皮膚科の専門医と相談しながら行ってください。

特に家庭用脱毛器を使う場合は、自己判断ということになりますから、
脱毛出来る範囲を医師の指導のもとで決めれば安心できると思います。

しかし、皮膚科の医師といっても全員が脱毛の知識があるわけではありませんから、
医師によって言う事が異なる場合があります。

脱毛の知識がある専門医なら大丈夫だと言うと思いますが、
知識がない医師だと脱毛するのは止めるようにと言うかも知れません。

脱毛は、医学部で専門的に学ぶわけではなく、経験で身に付けるもので
知識がない医師だと脱毛はアトピーに危険だと判断してしまいます。

しかし、冒頭でお話したように、実際はアトピーでも脱毛しているのが現状ですし、
そこまで気にする事もありません。

それに本当にアトピーがひどい方は、 そもそも脱毛しようとは考えないはずです。

その前にアトピー性皮膚炎を治すことを考えると思いますので、
このサイトを読んでくれている方には当てはまらないと思います。

次のページタトゥーを入れても脱毛は出来るの?

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい