家庭用脱毛器の安全性とは?

家庭用脱毛器は一般の方が使えるようにしたものなので、
ある程度安全性は担保されております。
しかし、絶対ではありません。

脱毛魔女は、それほど大きな肌トラブルはなく、
多少お肌がヒリヒリした程度の事だけでしたが、
中には火傷したとか、お肌に赤みが出て腫れたという方も中にはいらっしゃいます。
家庭用脱毛器の肌トラブルに関しては、
家庭用脱毛器のトラブルって?をご覧いただければ詳しく紹介しております。

ですが、それは家庭用脱毛器の問題というよりも、
脱毛に関しての理解が浅く、
注意を払って脱毛していないからです。
脱毛の肌トラブルは、脱毛エステでもクリニックでも十分に起こりうることです。

脱毛は、お肌に直接照射して、
毛根に熱を与えることですので、絶対に安全と言う事は言えません。
ですが、それを言ってしまえば、日常レベルでも起こりうることです。

わかりやすい例を出すと、日焼けです。
夏の暑い日に紫外線対策もせずに、長時間お肌を露出すれば、
日焼けし、お肌の皮が向け、ヒリヒリ痛くなり、火傷した状態見たくなります。
もちろん、中には肌が強い方もいるので、
ダメージが少ない方もいるでしょう。
でも、どんな方であろうとも、しっかりと対策すれば、
それほど、肌トラブルが起きる事はありません。

脱毛もそれと同じです。
脱毛する前は、肌を冷やす、ホクロやシミに照射しない等の
最低限の知識を持って脱毛すれば、何の問題もありません。

それを行なわなければ、肌の弱い方は焼けどしてしまうかも知れませんし、
お肌の強い方なら、それほどダメージがない方もいます。

つまり、家庭用脱毛器の安全性というよりも、
脱毛そのものの安全性の問題になるのです。

ですから、脱毛する際は、取り扱い説明書を読んで注意点を理解し、
正しく使う必要があります。
逆に正しく使う事ができれば、何の問題もなく、綺麗に脱毛していけます。

フラッシュ(光)脱毛器の安全性

フラッシュ脱毛器というのは、家庭用脱毛器や脱毛サロンで使われている脱毛器です。

このフラッシュ脱毛器は医療レーザー脱毛のような強い光を使わないので、
安全性という意味では最も肌トラブルが少ない脱毛器です。

しかもフラッシュ脱毛器の光はIPLという光線で、
美容外科クリニックで使われてるフォトフェイシャルと同じ光を使います。
フラッシュ脱毛器についてはフラッシュ脱毛器のメリット・デメリットで詳しくお話しております。

フラッシュ脱毛器を使うと、ムダ毛が生えてこなくなると同時に
お肌のキメも整ったり、ケアが目立たなくなったりという声を聞きますが、
IPLという光線が肌トラブルの治療に使われているためです。

実際にフラッシュ脱毛器の代表格のケノンは、
脱毛だけではなく、フォトフェイシャルとしても使う事が出来ます。

レーザー脱毛器の安全性

レーザー脱毛器は主に医療脱毛にしか使われ、
家庭用脱毛器ではトリアがレーザー脱毛になります。

レーザー脱毛器もフラッシュ脱毛器と同じ光ですが、
光の種類が違いフラッシュ脱毛器よりも強い光を使います。
(アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーなど)

そのため肌トラブルも起こりやすく、一概に安全性が高いとは言えません。
脱毛器について詳しく知りたければ、家庭用脱毛器の種類って?
お読みください。

しかし正しく使えば全然問題ありませんし、家庭用は医療レーザー脱毛に比べ光の出力が弱いので、
それほど肌トラブルの危険性はありません。

もし不安というなら、フラッシュ脱毛器を使っておけば良いと思います。

確かにフラッシュよりもレーザーの方がパワーはありますが、
それはメーカーによって違い、例えばレーザー脱毛器のトリアより、フラッシュ脱毛器のケノンの方が
パワーがあると思います。

どういった物が良いかは、イチオシの家庭用脱毛器は?を ご覧ください。

次のページ家庭用脱毛器のトラブルって?

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい