LA VIE(ラヴィ)の特徴や詳しい詳細

ここでは他のサイトでは掲載しきれいないLA VIE(ラヴィ)の詳しい詳細を紹介します。

ラヴィ

このサイトで最もおすすめしているケノンに比べ本体価格が安いので、
ケノンに比べ一つ一つの性能が若干劣る気がしますが、ケノンは高いと感じる方は、LA VIE(ラヴィ)でも良いと思います。
性能が劣るといっても、付いている機能は似ていますし、十分に綺麗に脱毛できます。また30日間の返金保証もついているので、安心して購入することも出来ます。

価格 電気 種類
54,720円 コンセント式 フラッシュ 普通
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 7段階 6m 0.2円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
少ない 普通 1年間 最大24回分割

 

ラヴィの体験レビュー

照射している画像

まず、申し上げたいのではラヴィは、ケノンを使っている最中に購入したことです。
当時は、色々な脱毛器を試したくて、お給料が出るたびに脱毛器を購入していました。

始めてラヴィを使った感想は、悪くないけどインパクトに欠けるという印象です。
脱毛パワーもそこそこありますし、その割りに痛みも少ない。
決して悪くもありませんが、めちゃくちゃ良いとも感じませんでした。

やはりケノンを使っていたため、ケノンと比べると物足りなさを感じたのです。

しかし、それはケノンと比べているからで、
他の脱毛器と比べればむしろ良いほうだと思います。
はじめて使ったのがラヴィなら、もっと印象が良かったはずです。

ハンドピースは軽く使いやすいですし、本体の操作も余計な機能がなく、
使いやすいと思います。
また、美顔器としての機能も付いております。

ケノンやトリア程ではありませんが、
4回~5回くらい脱毛すれば、毛が薄くなっているのも感じましたし、
レベル7のMAXは、ある程度のパワーもあります。

これは脱毛魔女の個人的な感想ですが、
それぞれの脱毛器は照射範囲が違いますので、一概に比較できませんが、
レベルMAXで1cm2当たりケノンとトリアの脱毛力が10なら、ラヴィは7くらいです。

ケノンとトリアの脱毛力が高いので、ラヴィは若干低く感じるかも知れませんが、
それでも十分脱毛出来ます。

また、他の脱毛器に比べ痛みも少ないので、全身脱毛にも使いやすいでしょう。

ラヴィの本体レベル

ラヴィの照射レベルは7段階あり、
レベルは7はパワーがある割りに痛みが少ないと感じます。
もちろん、全然痛くないわけではありませんが、
痛みに強い方なら、いきなり7から始めて、
照射回数を減らすのもありだと思います。

脱毛魔女は、カートリッジを使い切ったわけではないのですが、
レベル7で8000ショット照射できるそうです。
そのくらいなら、カートリッジを交換しなくても全身脱毛できるでしょう。

因みに上記の画像で緑色のランプが7つ付いていると思いますが、
そのランプの数がレベルを現しています。

ラヴィの使い方

ラヴィの電源
ラヴィのレベル調整ボタン

使い方は簡単で、電源ボタンを押し、照射レベルを調整するだけです。
始めて脱毛する方は勝手がわからないと思いますので、
レベル4から始めるのが良いと思います。
電源を入れたとき若干音がしますが、そんなに気になるほどでもありません。

上記の画像では若干見にくいと思いますが、「hr」というのは脱毛ということで、
「sc」というのは美顔器の機能ということです。
今回は脱毛になるので、hrという所に青いランプが付いています。

ラヴィのハンドピース

最後にハンドピースのボタンを押せば照射できます。
尚、オートモードという機能があり、これを使うとボタンを押さなくても、
お肌に近づけるだけで勝手に照射してくれます。
個人的には、自分のタイミングで照射したいので、手動で脱毛していました。

使い方説明書

使い方がわからないということはないと思いますが、
このような説明者もありますので、
機械オンチという方もまったく問題ありません。

コストパフォーマンスに優れている

ラヴィの優れいているところは、1ショットのコストが安く、
何と、0.2円です。その安さを脱毛エステと比べれば一目瞭然です。
以下に主要部位の脱毛価格をエステと比べて見ました。

部位 ラヴィ 脱毛エステ
口の周り 1回8.4円 1回5,000円
ワキ 1回8.4円 1回3,000円
Vライン 1回8.4円 1回3,000円
ヒジ下 1回42円 1回6,000円
ヒザ下 1回168円 1回8,000円

 

脱毛エステの価格はお店によってまちまちですが、
上記の価格とそれほど差はありません。
つまり、ラヴィのコストパフォーマンスが優れている事がわかります。

照射面積が広い

ラヴィの照射面積は何と、6mとかなり広範囲なので、
むらなく、早く、綺麗に脱毛することが出来ます。
また、 脱毛器には連射機能が付いているものがあり、
この連射機能は1回に大量の光をあてるとお肌のダメージが大きくなるので、
1回に当てる光を分散させることで、肌へのダメージを少なくするのです。
つまり、簡単にいうと連射機能の回数が多いほど、
お肌への負担が少なく、綺麗に脱毛できるのです。
連射機能が付いていない家庭用脱毛器が多い中で、ラヴィは4連射もする事ができます。

ラヴィのデメリット

正直ラヴィ自体のデメリットはそれほどありません。
ただ、ケノンと比べると一つ一つの機能の精度が低くなりますが
その分、本体価格が安く、全額返金も付いているので、
購入する意味はあると思います。
後は本体価格が高くても、性能が高く、コストパフォーマンスに優れているものを購入するか、
本体価格を抑えて、性能が若干劣るものを購入するかです。
どちらにせよ、両方とも綺麗に脱毛できることには変わりません。

「ラヴィの公式サイト」に進む

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい